被る前に知っておきたい「かつら」のメリット・デメリット

かつらを被るか被ら無いかは究極の選択といっても過言ではありません。

僕も一時期かぶろうかどうか本気で悩んだことがありました。

今回は、かつらを着用するメリットや、逆にかつらを着用することで生じるデメリットを紹介していこうと思います。

 

かつらを着用するメリット

先ずは、かつらを着用するメリットを紹介します。

メリット1.一瞬で薄毛をカバーすることができる

かつらの最大のメリットはコレに尽きると思います。気になる部分を一瞬でカバーすることができますよね。

それにより自分のコンプレックスだった部分が気にならなくなるので、心も晴れやかな気持ちになることができます。

ある研究では、かつらを被るとポジティブになるという結果が出たみたいです。

 

メリット2.気になる部分だけボリュームアップも可能

今のかつらは、ポイントだけボリュームアップできるようなかつらも存在します。

全体でかぶっていたら、どうにも違和感があったのも、一部分のみのボリュームアップなのでより自然な仕上がりにすることができます。

 

かつらを着用するデメリット

次に、かつらを着用するデメリットを紹介します。

デメリット1.違和感を察知するかつらキラーにバレる可能性がある

絶対に注意したいのは、かつらを見破る人、かつらキラーに目を着けられないことです。

どうしてもかつらをかぶると違和感がでてしまうのは、致し方がないことなのですが、その違和感をすぐさま察知する人が世の中にまぎれこんでいます。

そのスナイパーに、先ずはばれないように日々かつらの位置をチェックしなければなりません。

かつらキラーの人も、大体自分の薄毛を気にしている人が多いです。

 

デメリット2.常に気を貼っていなければいけない

かつらはズレる恐れがあります。そしてそのズレは以外と自分では気がつきません。

そのため、常に鏡でチェックしておかなければいけません。そのため、常に気を張らなければいけません。

 

デメリット3.カツラ装着による薄毛進行

カツラを着用すると本来の髪の毛が蒸れてしまったり、頭皮の血流が悪くなってしまうので、育毛できずに薄毛が進行してしまうという恐れがあります。

薄毛を隠したいからといって、一日中つけていると、かえって薄毛を隠せなくなってしまうかもしれません。

 

まとめ

カツラを使うにはメリット・デメリットがそれぞれあります。それを踏まえてかつらを被るか被らないかの選択をしてください。

女性であれば、かつら(ウィッグ)はオシャレという感覚で付けることもできますので、そこまで気にすることはないかと思います。

男性も、何をやってもダメだったという方はかつらを被っても全然問題ありません。紀元前からかつらは存在していました。

芸能人だってたくさんの人がかつらを被っています。今更悩むことはありません。後は自分自身との闘いです。

もしかつらを被って笑われたりするのであれば、それはあなたが悪いのではありません。笑う人の心が狭いのです。

こちら側はそれを許容してあげられるくらい、寛大な気持ちでいることが、なにより大切なのではないかと思います。

若はげ薄毛が辛い!薄毛を解消する13の最強改善対策方法

2016年1月8日

プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。