男性ホルモンのジヒドロテストロンが抜け毛の原因だった!

男性ホルモンのジヒドロテストロンが抜け毛の原因だった!

どうもタカシです。抜け毛に悩む人は多いと思います。どんなに不規則な生活をしても一生はげない人もいれば、どんなに規則正しい生活をしても10代のうちにはげる人もいます。この差は一体なんなのでしょうか?

こんなにも人生不平等であっていいのでしょうか?

これは、生活習慣云々ではなく、ジヒドロテストロン(DHT)という男性ホルモンの1つが関係していたのです。このジヒドロテストロン(DHT)という段sねいホルモンの一種が、抜け毛の原因だったのです。

 

ジヒドロテストロン(DHT)はテストステロンが変化したもの

ジヒドロテストロン(DHT)は、男性ホルモンのテストステロンが変化したものです。テストステロンも男性ホルモンの一種で、男性では睾丸で95%、副腎で5%、女性では卵巣や副腎から、男性の5〜10%程分泌されます。

テストステロンは筋肉を増やしたり、骨を発達させてくれます。男性らしさはテストステロンの量で決まるのです。

そのため、男性にとってテストステロンはなくてはならない存在です。テストステロン自体には、抜け毛を促進する作用はありません。

 

5αリダクターゼという還元酵素がテストステロンと結びつきジヒドロテストロン(DHT)に変化する

それではテストステロンは一体どのような作用でジヒドロテストロン(DHT)に変化するのでしょうか?

それは5αリダクターゼという還元酵素の影響です。

テストステロンは、体内にある5αリダクターゼという還元酵素と結びつくと、ジヒドロテストロン(DHT)に変化し、抜け毛を促進してしまうのです。

5αリダクターゼは1型と2型があり、どうやら2型が脱毛を引き起こしていると言われています。

5αリダクターゼ2型は、頭皮の後頭部や側頭部には少なく、前頭部や頭頂部に多く存在しているため、この箇所の抜け毛が多く見られます。

 

5αリダクターゼの分泌量が多いかどうかは遺伝で決まる。

薄毛になるかどうかは、ジヒドロテストロン(DHT)が多いかどうかで決まります。言い換えると、テストステロンと結びつく5αリダクターゼの生成量が多いかどうかで決まります。

5αリダクターゼが生成される量は、遺伝によって決まると言われています。

遺伝説が根強いのはこのためです。またジヒドロテストロン(DHT)の量が普通であっても、体質的にジヒドロテストロン(DHT)の感受性が高いと、抜け毛が増えてしまうのです。

 

ジヒドロテストロン(DHT)の抑制方法

woman6

それじゃあどうしようもないのかと言われれば、そうではありません。安心してください。対応策はあります。

ジヒドロテストロン(DHT)を抑制することで、抜け毛の進行を食い止めることができます。

育毛薬や育毛剤などが、対策方法としては効果があります。一番効果的なのが、AGA治療薬(プロペシアやミノキシジルタブレット)を使用することです。

プロペシアには、テストステロンと5a-リアクターゼが結びつき、抜け毛の原因になるジヒドロテストステロンが発生するのを防ぐ働きがあります。

そしてミノキシジルタブレットには、プロペシアが抜け毛を防止するのに対し、発毛を促す効果があります。プロペシアが髪を守り、ミノキシジルタブレットが髪を生やすのです。

AGA治療薬を飲むことで、ジヒドロテストロン(DHT)を抑制し、抜け毛を減らすことができます。

 

AGA治療薬はクリニックで購入できる!

AGA治療薬(プロペシアやミノキシジルタブレット)は、AGAクリニックで購入することができます。

個人輸入でも、安価なものが販売されていますが、ほとんどの個人輸入で買えるプロペシアやミノキシジルタブレットは偽物です。

万が一トラブルにあっても、体の調子やお金は返ってきません。クリニックで処方してもらうのが一番です。ここは、面倒臭がらずにクリニックに行くことをおすすめします。

評判の良い人気でおすすめのAGAクリニック4院を徹底比較!デメリットも紹介

2016.01.13

シェアしてくれると嬉しいです^^


女性用育毛サプリメントを選ぶなら「イクモア」




イクモアは毛髪再生治療を実際に行う現役医師が開発した女性用育毛サプリ。女性の抜け毛や薄毛に特化した成分がたっぷり配合。高成分・高品質なのに低価格で購入可能です。飲むだけで手軽にふんわりボリューム感がアップ。安心しておすすめできる幅広い世代の女性に大人気の育毛サプリメントです。