ヘアサイクルを学び、毛が抜ける仕組みを知ろう!

ヘアサイクルを学んで、毛の抜ける仕組みを学ぼう!

髪の毛ってどれくらいで生えたり抜けたりするのか気になりますよね。

そこで今回は毛が生えてから抜けるまでの周期(ヘアサイクル)について書いていきたいと思います。

 

ヘアサイクルについて

日本人は、大体10万本ほどの髪の毛が頭皮から生えています。

髪の毛はずっと生えているのではなく、数年ごとに抜け落ちてまた生えてくるのです。

なので、生まれてからずっと同じ髪の毛が生えている人はいません。

私たちの髪の毛は、日々生まれ変わっているのです。この毛が生えてから抜けるまでの周期をヘアサイクルと言います。

ヘアサイクルには、大きく分けて成長期・退行期・休止期の3つの期間に分ける事ができます。

・成長期

毛根で毛母細胞が活発に働き、髪が成長する期間です。
成長期の期間はおよそ2年から6年です。
ヘアサイクルで最も長い期間です。

・退行期

成長期の次は退行期です。
退行期の期間はおよそ2週間から3週間程度で成長期と比べると、とても短いです。
髪の成長が止まってしまいます。

・休止期

最後は休止期です。
休止期の期間はおよそ3ヶ月です。
休止期は髪の毛が成長する前の期間です。この時期に古い毛が抜けて、新しい毛が生える準備をしています。
つまり冬から春になり、花が咲いていくような感じです。

このようにして世界、いや毛は周っているのです。薄毛の原因としては、このヘアサイクルが正常に回らなくなる事が原因とされています。

ヘアサイクルの周期が短くなり、太い髪がなくなり、細くて短い髪ばかりになってしまい人は薄毛になっていくのです。

 

ヘアサイクルが乱れる原因

ヘアサイクルが乱れる原因をあげていきます。

1.加齢
2.睡眠不足
3.男性ホルモンの乱れ
4.過度なダイエット
5.喫煙
6.ストレス

上記のことが起こると、ヘアサイクルが乱れてきます。

このサイクルの乱れが結果として薄毛に繋がり、生えてくる毛の量よりも、抜け落ちる毛の方が多くなってしまうのです。

ホントAGAを恨みたくなります。こうなると地肌が見えてくる等の明らかな薄毛となって表れてしまうので、日ごろからのケアが大切になってきます。

ヘアサイクルを理解する事で、薄毛の改善にも繋がります。特にやっかいなのが、男性ホルモンの乱れです。

筋肉など、男性が通常持っている男性ホルモン(テストステロン)であれば問題がないのですが、この男性ホルモンが体内にある還元酵素「5aリアクターゼ」と結びつき、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変化してしまいます。

この悪玉男性ホルモンが、ヘアサイクルを短くし、抜け毛を促進するのです。この悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が増えるかどうかは「体質(遺伝)」によるものが大きいです。

 

悪玉男性ホルモンは薬で抑えられる!

体質(遺伝)であれば、手が打てないのではないかと心配になる人もいると思います。

安心してください。打つ手はあります。それは、AGA治療薬(プロペシア)を飲むことです。

AGA治療薬のプロペシアには、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)ができる過程、男性ホルモン(テストステロン)と還元酵素「5aリアクターゼ」が結びつくのを抑える効果があるのです!

プロペシアを飲むことにより、ヘアサイクルを通常の長さに戻すことができるのです。

プロペシアはAGA治療薬で最も有名な薬で、副作用もほとんどないため、安心して飲むことができます。

プロペシアはAGAクリニックで購入することができます。

たいていのAGAクリニックでは無料カウンセリングも実施しているので、一度話しだけでも聞きに行ってみてはいかがでしょうか?

評判の良い人気のAGAクリニックおすすめ比較ランキング3選!

2016.01.13


即効性ありのコスパ最強の育毛剤


無添加育毛剤イクオス

イクオスは業界最大級の61種類の成分が入っている人気の育毛剤です。育毛成分で有名なキャピキシルよりも効果があると言われているアルガス-2という成分が入っています。育毛剤の値段も安く1本5,980円。サプリメントとセットでも6,980円で買える、数ある育毛剤の中で一番おすすめできる育毛剤です。