ポリフェノールには抜け毛・薄毛を改善する効果がある理由

ポリフェノールには抜け毛・薄毛を改善する効果がある理由を紹介!

どうもタカシです。美容などの分野で効果があるとされるポリフェノールですが、なんと薄毛の改善にも一役買うということが分かってきました。

ポリフェノールの成分や作用は、昔からさまざま研究されてきましたが、髪の毛や頭皮にも良い影響があるのです。

今回は、ポリフェノールのことについて詳しく説明し、抜け毛・薄毛とどのような関係があるのかを紹介していきたいと思います。

 

ポリフェノールとは一体何なのか?

food44

ポリフェノールというのは、植物や果物などの苦味なったり、色素の成分になったりする成分のことです。

この栄養素の効果というのは、抗菌化作用になります。さまざまな病気などのから体を守ってくれたり、歯磨き粉にも入っている有名な成分です。

アンチエイジングの部分でも、注目されており、女性などの美容の部分でも、大きな注目を浴びています。

また植物や果実からの成分なので、副作用などの心配も無く、多くの人に愛されている栄養素になります。

一言にポリフェノールと言っても、ポリフェノールにはさまざまな種類があり、ポリフェノールの種類は約5,000種類とも言われています。

・コーヒーの成分の「クロロゲン酸」
・ブルーベリーの成分の「アントシアニン」
・お茶の成分の「カテキン」
・大豆の成分の「イソフラボン」

これらは全てポリフェノールの一種です。

その1種類ごとに、ポリフェノールが体に及ぼす影響は異なり、血糖値を下げたりする働きのポリフェノール、肝臓機能の回復に役立つポリフェノールなどさまざまなものがあります。

 

ポリフェノールが薄毛に効く理由

ポリフェノールが薄毛に効果的な理由としては、ポリフェノールには代表的な作用で、ストレスの軽減などの作用があるからとされています。

ストレスというのは、薄毛にはとても関係しています。ストレスが溜まると、頭皮にも負担がかかり、抜け毛が増えてしまうのです。

そしてポリフェノールには、血管拡張の効果もあります。頭皮に血液を送ってあげないと、髪の毛は育たないし、新たに生えてきません。

ですので、ポリフェノールの作用で血管を拡張し、その効果で、血流を良くすることが出来ます。

これらの効果が、ポリフェノールは薄毛に効くとされている理由です。ワインが好きな女性の方には嬉しい朗報です。

僕もワインが好きなので、これからはワインを飲んでいこうと思います。ただし皆さんも飲み過ぎには注意してください。

 

ポリフェノールの1日の摂取量はどのくらい?

ポリフェノールの1日の摂取量は、1,000mg〜1,500mgだと言われています。ポリフェノールの含有量は、緑茶には100ml中115mg、コーヒーには100ml中200mg含まれています。

赤ワインには100ml中230mg含まれています。赤ワインとは対照的に、白ワインには100ml中10mgしかポリフェノールは含まれていません。

ポリフェノールの1日の摂取量をこれらのもので摂ろうとすると、1日にコーヒー5杯、若しくはワインを5杯も飲まないといけない計算になります。

 

ポリフェノールを摂るならサプリメントがおすすめ!

woman84

そこでオススメなのがサプリメントです。

サプリメントであればいつどこでも気軽にポリフェノールを摂取することができます。

紅珠漢と言うサプリメントなら、今だけ5日間100円で購入できます。

これらの低価格のポリフェノールサプリメントで、先ずは自分に効果があるかどうか試してみることをオススメします。


即効性ありのコスパ最強の育毛剤


無添加育毛剤イクオス

イクオスは業界最大級の61種類の成分が入っている人気の育毛剤です。育毛成分で有名なキャピキシルよりも効果があると言われているアルガス-2という成分が入っています。育毛剤の値段も安く1本5,980円。サプリメントとセットでも6,980円で買える、数ある育毛剤の中で一番おすすめできる育毛剤です。