メスを使わない・切らない植毛手術方法(FUE法)とは?

前回は自毛植毛の概要について詳しくお話ししましたが、今回は、自毛植毛の手術方法を紹介したいと思います。

自毛植毛手術で思い浮かぶのが、メスを使い、頭皮を切って髪を移植する方法だと思います。

しかし、最近では、メスを使わない、切らないで植毛を行うことができるようになったのです。

そこで今回は、FUE法をはじめ、自毛植毛の手術方法を紹介したいと思います。

現代の自毛植毛手術方法は、FUT法とFUE法の2つが挙げられます。

ではこのFUT法とFUE法って一体どんな手術なのか、書いていきたいと思います。

 

FUE法とは

FUE法とはFollicular Unit Extractionの略で、メスを使わない、切らない植毛方法のことです。

メスの代わりにパンチと呼ばれる器具で毛根をくりぬいて移植するという植毛手術法で、身体にメスを入れたくないという人におすすめです。

デメリットとしては、毛根を採取した部位はポチッと丸い小さな傷跡ができてしまうので、あまり短いヘアスタイルにしてしまうと斑点状の傷跡が目立ってしまいます。

坊主や短髪を希望している方はこの方法は避けたほうがいいかもしれません。

 

もう一つの植毛手術方法のFUT法とは

FUT法とは、Follicular Unit Transplantationの略で、メスを使う手術方法のことです。

FUT法は、移植が定着率が95%以上と高く、本数も多く移植できるということで生み出された手術方法です。

昔は頭皮にメスを入れるため、傷跡が残るということで、敬遠されがちでしたが、最近では傷跡が目立ちにくく、傷跡がほとんど残らない「トリコフィティック縫合法」という方法が誕生してから、FUT法もさかんに行われるようになりました。

 

まとめ

現在の自毛植毛の手術法には、この2つの手術法が採用されているクリニックが多くなってきています。

自分がどのような髪型にしたいのか、メスをいれても抵抗はないか、そういったところを踏まえて、どちらの手術をするか決めたほうがいいです。

植毛方法は、クリニックによって違うので、実際に植毛クリニックに行って、無料カウンセリングを受けて色々話を聞いてみるのがおすすめです。

実績があり評判の良い植毛クリニックおすすめ比較ランキング4院

2016年1月23日