体毛が濃いと薄毛(ハゲ)になりやすい?

体毛が濃いと薄毛(ハゲ)になりやすいという説は本当か?

どうもタカシです。昔から、体毛が濃い人はハゲやすいと言われてきました。

僕も全身かなり濃い方です。何故体全体の毛は濃いのに、頭皮だけハゲるのかずっと謎でした。

西洋の方は特に、体毛は濃くて、髪の毛は薄い人は多いですよね。でも、体毛が濃くても、ハゲていない人もいます。

今回は、体毛の濃さと薄毛(ハゲ)には、どのような関係性があるのかを説明していきたいと思います。

 

体毛が濃いのは男性ホルモンの影響

男性が、子供から大人になるにつれて、陰毛や脇毛、すね毛などが濃くなっていきます。

体毛の濃さは、男性ホルモンの強さにあります。

男性ホルモンの役割としては、筋肉の成長、増強のサポート、精子の生成、性欲の増進、そして体毛を生えさせる作用があります。

なので男性ホルモンが強ければ強いほど、体毛が濃くなっていきます。

体毛が濃い人は、性欲が強いと言われるのもこのためです。女性は体毛は男性ほど生えていません。

これは男性ホルモンが少ないためです。

女性も同じように、筋肉トレーニングなど男性ホルモンの分泌を刺激していると、体毛は濃くなり、ヒゲが生えてくるような人もいます。

 

男性ホルモンと薄毛(ハゲ)の関係

薄毛(ハゲ)の原因は、悪玉男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンという物質が、5α還元酵素の影響で、薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンの、ジヒドロテストステロンという物質に変えられてしまい、薄毛が起こっていきます。

ですので、女性に薄毛が少ないのは、男性ホルモンが少ないからです。

そしてこの男性ホルモンが多いほど、薄毛のリスクは高くなるといえるでしょう。

結論から言うと、男性ホルモンが多いので、体毛も濃くなります。

男性ホルモンが薄毛の原因になるので、体毛が濃くて男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすいのです。

しかしこの男性ホルモンは男性にとっては非常に大事になってきますので、無くすわけにはいきません。

そして男性ホルモンが多くても、頭皮の体質的に、男性ホルモンに強い頭皮であれば、薄毛(ハゲ)になることもないです。

 

まとめ

このように男性ホルモンと薄毛(ハゲ)は深く密接しています。

体毛が濃い人は、薄毛(ハゲ)のリスクが高いことは間違いないでしょう。ホルモン以外のところで、頭皮に気を使っていきましょう。

若はげ薄毛が辛い!薄毛を解消する13の最強改善対策方法

2016.01.08


即効性ありのコスパ最強の育毛剤


無添加育毛剤イクオス

イクオスは業界最大級の61種類の成分が入っている人気の育毛剤です。育毛成分で有名なキャピキシルよりも効果があると言われているアルガス-2という成分が入っています。育毛剤の値段も安く1本5,980円。サプリメントとセットでも6,980円で買える、数ある育毛剤の中で一番おすすめできる育毛剤です。