体毛が濃いと薄毛(はげ)になりやすい?

昔から、体毛が濃い人はハゲやすいと言われてきました。

僕も全身かなり濃い方です。何故体全体の毛は濃いのに、頭皮だけハゲるのかずっと謎でした。

西洋の方は特に、体毛は濃くて、髪の毛は薄い人は多いですよね。でも、体毛が濃くても、ハゲていない人もいます。

今回は、体毛の濃さと薄毛(はげ)には、どのような関係性があるのかを説明していきたいと思います。

 

体毛が濃いのは男性ホルモンの影響

男性が、子供から大人になるにつれて、陰毛や脇毛、すね毛などが濃くなっていきます。

体毛の濃さは、男性ホルモンの強さにあります。

男性ホルモンの役割としては、筋肉の成長、増強のサポート、精子の生成、性欲の増進、そして体毛を生えさせる作用があります。

なので男性ホルモンが強ければ強いほど、体毛が濃くなっていきます。

体毛が濃い人は、性欲が強いと言われるのもこのためです。女性は体毛は男性ほど生えていません。

これは男性ホルモンが少ないためです。

女性も同じように、筋肉トレーニングなど男性ホルモンの分泌を刺激していると、体毛は濃くなり、ヒゲが生えてくるような人もいます。

 

男性ホルモンと薄毛(はげ)の関係

薄毛(はげ)の原因は、悪玉男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンが、体内にある還元酵素5αリダクターゼの影響で、薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」という物質に変えられてしまい、抜け毛が増え薄毛が進行します。

女性に薄毛が少ないのは、この男性ホルモンが少ないからです。

そしてこの男性ホルモンが多いほど、薄毛のリスクは高くなるといえるでしょう。

男性ホルモンが薄毛の原因になるので、体毛が濃くて男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすいのは事実です。

しかし、この男性ホルモンは男性にとっては非常に大事になってきますので、無くすわけにはいきません。

そして男性ホルモンが多くても、頭皮の体質的に薄毛(はげ)にならない人もいます。

結局のところ体質が関係してきます。

 

まとめ

結局は体質によるところも多いですが、最近はAGAクリニックで薄毛治療薬を飲むことで、悪玉男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を抑えることもできます。

体質だからと言って諦めずに、根気よく対策を行なっていきましょう!

若はげ薄毛が辛い!薄毛を解消する13の最強改善対策方法

2016.01.08


女性用育毛サプリメントを選ぶなら「イクモア」




イクモアは毛髪再生治療を実際に行う現役医師が開発した女性用育毛サプリ。女性の抜け毛や薄毛に特化した成分がたっぷり配合。高成分・高品質なのに低価格で購入可能です。飲むだけで手軽にふんわりボリューム感がアップ。育毛剤と併用すればより育毛効果を実感できます。幅広い世代の女性に安心しておすすめできる育毛サプリメントです。