肥満だと薄毛になりやすい?これ以上抜け毛を増やさないための対策方法を紹介

美味しいものがあると、たくさん食べてしまいたくなりますよね。

休みの日はどこへも行かず、家で寝っ転がってお菓子を食べている時が、一番幸せだったりします。

そうしているとだんだん太ってきます。実は、この行動が薄毛に繋がるのです。

今回の記事では、肥満が薄毛になる理由と対策方法を紹介しています。

 

肥満が薄毛になる理由

肥満が薄毛になる理由は大きく分けて3つあります。

1.血行不良

肥満になるとあまり動かなくなることが多々あります。

そうすると血行不良になり、血液がドロドロになってしまいうまく循環できなくなります。

肥満になればなるほど、動きたくなくなるものです。

できるだけ動いたほうがいいのはわかっていても、なかなか実行できないですよね。

しかしそれでは薄毛は治りません。

薄毛になりたくなかったら、血行を良くておくことが大切です。

油っこい食事をひかえて、バランスよく食事を摂るがいいのです。

コンビニや外食だけでは体がどんどん酸性化してしまいます。

たまには外食もいいでしょうが、できるだけ自分で食事をつくるようにしましょう。

また野菜を多くとった食事のほうが、薄毛になりにくいです。

栄養をつけて、髪にも栄養成分を行き渡らせましょう。

 

2.皮脂の過剰分泌

太っている人は、脂っこいものをたくさん食べる傾向があります。

脂っこいものを食べたり血行が悪くなると、皮脂が過剰に分泌します。

この脂ぎった皮脂が薄毛に関係してくるのです。

お医者さんにいくと、脂漏性皮膚炎と診断されることもあります。

脂漏性皮膚炎となると中々治らないので注意が必要です。

髪の毛のマッサージを毎日していると、血行不良が治ってくるので毎日頭皮マッサージをしたほうがいいでしょう。

お風呂にゆっくりつかるのも、血行がよくなるのでいいことです。

シャワーだけですませているという人は、ゆっくりとお風呂につかる生活に変えたほうがいいです。

血行不良が薄毛を招きます。

 

3.運動不足

運動不足

また、太っている人は運動をしていない人が多いです。

運動をしない結果、血行が悪くなり薄毛になりやすいのです。

毎日の通勤に一駅前で降りて歩くとか、バス停をひとつ手前で降りて歩いたりするといいでしょう。

また、有酸素運動を20分を週に3日続けると体が引き締まってきます。

血液の循環も良くなり薄毛に効果的です。体にとてもいいので実行するようにしましょう。

なかなかやろうと思っていても実際にはできないことが多いものですが、やり始めてみると意外と続くものです。

運動不足は薄毛の原因になります。

運動をして頭皮にも体にも良い影響を与えましょう。

 

ダイエットしても薄毛の進行が止まらない人にはAGA治療薬がおすすめ!

ナース5

ダイエットに成功はしたけれど、薄毛の進行が止まらないという人は多いと思います。

そんな方におすすめなのが、AGA治療薬を飲むことです。

AGA治療薬は、薄毛の原因である、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する働きがあります。

それでいて、副作用もほとんどありません。

AGA治療薬を使えば、毛根が死んでいない限り確実に薄毛を改善することができます。

プロペシアなどのAGA治療薬は、AGAクリニックで買うことができます。

個人輸入でも安価なものが販売されていますが、個人輸入で買えるAGA治療薬は偽物の恐れもあります。

万が一トラブルにあっても体の調子やお金は返ってきません。

クリニックで処方してもらうのが一番です。

AGAクリニックに行き安全に薄毛を改善していきましょう!

評判の良い人気でおすすめのAGAクリニック4院を徹底比較!デメリットも紹介

2016年1月13日


イクモアはサプリと育毛剤の併用で効果抜群!




イクモアは毛髪再生治療を実際に行う現役医師が開発した女性用育毛サプリ。女性の抜け毛や薄毛に特化した成分がたっぷり配合。高成分・高品質なのに低価格で購入可能です。飲むだけで手軽にふんわりボリューム感がアップ。育毛剤と併用すればより育毛効果を実感できます。幅広い世代の女性に安心しておすすめできる育毛サプリメントです。