ドライヤーの正しい使い方を知り抜け毛を防止しよう!

お風呂から上がったら、必ずドライヤーを使い髪を乾かしますよね。

僕は以前、髪が短かった時は自然感想させていたんですが、頭皮の衛生的に良くないことを知り、そこからドライヤーを使うようになりました。(頭皮には常に菌があるのですが、髪が濡れたままだと、菌を増やしてしまったりする恐れがあるらしいです)

しかし、そんな毎日使うドライヤーも、使い方を間違えると抜け毛を促進してしまうのです!

そこで今回は正しいドライヤーの使い方を紹介しようと思います。

 

1.ドライヤーを使う前に十分にタオルで水分を拭き取る

意外とやってしまいがちなのが、タオルでササっと髪を拭いて、ドライヤーを使ってしまうことです。

タオルでしっかり拭いておくことで、ドライヤーを使う時間を短縮できます。

髪の表面にはキューティクルという組織が存在し、髪のハリやツヤを保ってくれています。

タオルでゴシゴシ洗うと、このキューティクルが傷つき髪が傷んでしまうので、頭皮にタオルを押し当てる感じで水分を拭いとりましょう。

 

2.ドライヤーを髪に近づけない

髪は熱にとても弱いです。一般的なドライヤーの温度は、100度から110度くらいなのですが、60度以上の熱を髪に当ててしまうと、髪の成分のタンパク質を分解し、傷つけてしまう恐れがあります。

手をなるべく伸ばして(大体10cmくらい)、髪から遠ざけてドライヤーを使うようにしましょう。

 

3.毛根、頭皮の順番で乾かす

ドライヤーを上から当てて使ってしまうと、毛根を押さえつけて、ボリュームダウンしてしまいます。髪をボリュームアップさせる目的で、毛根、頭皮の順番で乾かしましょう。

また、毛根部分は乾きにくいので、毛根部分から乾かすと効率がよくなります。

 

4.低温度ドライヤーを使う

先ほども少し述べましたが、髪は熱にとても弱いです。60度以上の熱で簡単に傷ついてしまいます。

それなのに通常のドライヤーの温度は100度から110度です。毎回手を離して使うのも正直しんどいです・・・。

そんな時は薄毛対策用の低温のスカルプドライヤーがおすすめです。

スカルプドライヤー

スカルプドライヤーは遠赤外線を採用しています。

通常のドライヤーは、熱伝導によって物質の表面を温めるのに対し、遠赤外線は物質の内部を温めるという違いがあります。

温度も42度なので、頭皮に直接当てることもできしっかりと髪を乾かしてくれます。

マッサージ効果もあるので、頭皮の血行も促進してくれます。肌に優しいので女性も安心して使えます。

今のドライヤーでは不安だというかたは、一度試してみてはいかがでしょうか?


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。