【必見!】 歴史上の人物も薄毛に悩んでいた!

日本人の約1,000万人が薄毛を気にしている!?

現在日本では、約1,000万人が薄毛を気にしていると言われています。

日本人の成人男性4,200万人のうち,自分が薄毛だと思っている人は1,260万人。薄毛を気にしている人は800万人。

薄毛対策を実際に行っている人は500万人以上と言われています。

成人男性の4人に1人が薄毛に悩んでいるというデータが残っています。

薄毛にまつわる言い伝えは昔からあり、旧約聖書にも記載されています。

旧約聖書のパレスチナを舞台にしたサムソンの物語では、神から力を授かったサムソンが、対立関係にあったペリシテ人に髪を剃られてしまい、その力を失ってしまうというものです。

旧約聖書に乗るくらいですから、薄毛は昔から世界中の人々の悩みだったのでしょうね。

 

歴史上の人物も薄毛に悩んでいた

薄くなった頭髪をカバーする方法も古代からありました。

古代ギリシャ人の医師ヒポクラテスは、薄毛に悩んでいる人に、ハトのフンを使っていたと言われています。

古代ギリシャ人のアリストテレスも薄毛に悩み、ヤギの尿を自分の頭に塗っていたと伝えられています。

古代ローマ時代に活躍した、ジュリアス・シーサーについても薄毛に悩んでいたという文献が残っています。

文献によると、シーザーは、薄毛を反対勢力から笑いのネタにされていました。

シーザーはそれがとても嫌だったらしく、頭の後ろに残った毛を前に持ってきて、髪があるように見せかけていたそうです。

写真でよく、月桂樹の葉のリース(輪っかの被り物)を被っていますが、薄毛を隠す為だったみたいです。

こんな偉人でさえも薄毛には悩んでいたのです。

 

今後も薄毛の悩みは無くならない!?

現在に至るまで、薄毛の問題はずっと続いてきました。

過去の流れから考えてみると、今後社会がどれだけ進歩しても、薄毛で悩む人は無くならないでしょう。

その理由として、薄毛の人はマイノリティだからです。

髪のある人とない人を比べた場合、髪のある人の割合の方が多いです。日本では特に、皆と同じが良いという認識が根強く残っています。

薄毛がマジョリティにならない限り、薄毛に悩む人は減らないでしょう。

しかし、現代には薄毛の悩みを解決する手段として、育毛薬があります。

今は昔と違い、育毛薬(プロペシアとミノキシジル配合タブレット)という神器が私たちにはあるのです。

育毛薬を飲むことで、薄毛を改善することができます。今は薄毛で悩む必要はなくなっているのです。

昔の人たちの為にも、育毛薬をのみ、薄毛を改善していきましょう!

女性におすすめの薄毛・育毛治療クリニック(病院)おすすめ比較ランキング4院

2016.01.13

評判の良い人気でおすすめのAGAクリニック4院を徹底比較!デメリットも紹介

2016.01.13

シェアしてくれると嬉しいです^^


女性用育毛サプリメントを選ぶなら「イクモア」




イクモアは毛髪再生治療を実際に行う現役医師が開発した女性用育毛サプリ。女性の抜け毛や薄毛に特化した成分がたっぷり配合。高成分・高品質なのに低価格で購入可能です。飲むだけで手軽にふんわりボリューム感がアップ。安心しておすすめできる幅広い世代の女性に大人気の育毛サプリメントです。