紫外線を浴びると抜け毛が増え薄毛(ハゲ)につながる!

肌や老化の大敵とされる紫外線。

女性は日焼け防止のために日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったり、防止やサングラスなどで紫外線を防止していますよね。

一方の男性は、日焼け止めも塗らず帽子も被らず紫外線を浴びっぱなしです。

僕も昔は日焼けしたいが為に、意味なく一日中外にいました。

しかし、この紫外線は頭皮環境を悪化させ、抜け毛を増やすんです!

今回は、紫外線と抜け毛、薄毛の関係について詳しく紹介し、その対策などについて紹介していきたいと思います。

 

紫外線と薄毛の関係

紫外線は、長時間浴びると体に悪影響を及ぼします。

しかし、ある程度浴びていないと、精神的に異常をきたしてしまったり、ストレスにが掛かってしまいますので、ある程度は浴びておきましょう。

紫外線を長時間浴びると、皮膚に影響がかかり、肌が黒くなってしまうことがありますよね?

これは肌が焼けたと言われている症状で、これを繰り返すと肌にシミなどが増えたりします。

しかし、これは肌や顔に限ったことではありません。

肌と同じように、頭皮も焼けてしまうのです。

頭皮も同じように焼けて赤くなり、炎症を起こしてしまうようになります。

そうなると頭皮の状態は悪くなり、抜け毛が増え薄毛が進行してきます。

 

ハゲないために紫外線対策をしよう!

hat

紫外線の影響が、頭皮にもあることが分かりました。

先ずは日に焼けないように、帽子を被って対策するのがおすすめです。

しかし、帽子も長時間被っていると、頭皮が帽子によって蒸れてしまい、逆に頭皮環境が悪くなってしまいます。

通気性の良いものを使用したり、こまめに帽子を取ったりしましょう。

そして、髪の毛をある程度伸ばしておくことが薄毛対策にも繋がります。

本来髪の毛のというのは、頭皮を紫外線やほこりなど外からの刺激守るためにあるのです。

また夏の日差しが強い日などは、影などを通るようにしたりしましょう。

しかし、あまり気にしすぎては、逆にストレスになってしまいます。

ですので、普通に生活することが一番いいでしょう。

坊主やベリーショートの髪型でない限り、紫外線はあまり気にしなくていいでしょう。

紫外線は薄毛につながりますが、対策をきちんと行えば怖くはありません。

紫外線のことを意識しながらも、普段の生活の中でできる、抜け毛帽子や薄毛対策を行っていきましょう。

若はげ薄毛が辛い!薄毛を解消する13の最強改善対策方法

2016年1月8日