若はげ・薄毛で引きこもりだった人が立ち直った理由

このページでは、若くして薄毛になってしまい、引きこもりになってしまったAくんを紹介します。

Aくん(20代男性)は、小さい頃誰もがうらやむようなイケメンでした。

バレンタインデーの時にはクラスの子からはもちろん、クラス以外の子からもチョコをたくさんもらったりしていました。

Aくんはサッカー部のキャプテンで、エース的な存在でした。

勉強もでき、向かう所的なしの完璧な存在でした。Aくん自身も、完璧でいる自分のことを誇らしく思っていました。

それと同時に、常に人の顔色を気にする人でもありました。

難関大学に合格し、就職活動も上手くいき、大手企業に入ることができました。

しかし、Aくんが入社し3年が経った頃、Aくんにある変化が出てきました。

前髪が少なくなってきたのです。

最初の頃はあまり気にしていませんでしたが、日が経つにつれて、髪はどんどん抜けて行きました。

カツラは被るとバレてしまうので使いませんでした。

市販の育毛剤を試してみたのですが、それもほとんど効果はありませんでした。

今まで完璧な存在であったAくんは、このことが自分の中で受け入れられず、周囲の人の目を気にして、外に出られなくなってしまい、会社も辞めて引きこもりになってしまいました。

2年くらい引きこもりをしていたのですが、やはりこのままではいけないと思い、AくんはAGAクリニックに行き、育毛薬(プロペシアとミノキシジル配合のタブレット)を飲むようになりました。

3ヶ月ほど経った頃、Aくんの額から産毛のようなものが生えてきました。

その後も使い続けていると、1年後には、ある程度の髪量を取り戻すことに成功しました。そしてAくんは無事に、社会復帰することができました。

Aくんが髪が生えてきて、引きこもりから社会復帰できた理由は大きく分けて3つあります。

 

1.AGAクリニックに行き、育毛薬(プロペシアとミノキシジル配合のタブレット)を飲んだ

1つ目は育毛薬(プロペシアとミノキシジル配合のタブレット)を飲んだことです。

育毛薬は医薬品なので、科学的根拠があります。薄毛を改善するには、一番効果のあるものです。

薄毛が改善し、引きこもりを脱出できたのは、これが一番大きい理由です。

 

2.早い時期から育毛に取り組んだ

2つ目は、Aくんが早い時期から育毛に取り組んだことです。

毛が抜けてからある程度時間が経過してしまうと、毛根に皮脂等が詰まってしまい、髪が生えてこなくなってしまいます。

細胞の活性が強い20代のうちに取り組んだことが育毛の成果に結びついています。

 

3.あきらめなかった

3つ目はあきらめなかったことです。育毛は時間がかかります。今日育毛薬を使って明日生えるということはありません。

Aくんはあきらめなかったからこそ、育毛に成功したと言えるでしょう。

このように、AGA治療薬を飲めば、若い内であれば必ず薄毛は改善します。

もし今薄毛で辛い状況なのであれば、一度AGAクリニックに行くことをお勧めします。

評判の良い人気でおすすめのAGAクリニック4院を徹底比較!デメリットも紹介

2016年1月13日

プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。