薄毛になる主要な原因は9つ!薄毛の原因を知り予防しよう

若ハゲ薄毛になる原因はこれ!先ずは原因を知ることから始めよう

どうもタカシです。現代の日本において、薄毛で悩む人の数は年々、増加傾向にあります。

なぜ薄毛は起こってしまうのでしょうか?このページでは、薄毛の主要な原因を紹介します。

 

薄毛の原因1.遺伝

getting bald

薄毛になる原因としてもっとも多いのは、「男性型脱毛症(AGA)」です。

一般的に、男性や女性を問わず薄毛に陥る原因は、「男性ホルモンの過剰分泌」と言われていますが、この男性ホルモンが過剰に分泌する体質というのは、親から子へと遺伝する事が判明しています。

そのため、両親のどちらかが薄毛であったり、親族の中に薄毛を発症している人が居る場合は、その血を受け継いでいる子供の代でも薄毛を発症する可能性が高いと言えます。

また、親が若い内に薄毛を発症していた場合は、その子供も若はげを発症する可能性が高い事が分かっています。

若はげや薄毛の原因と考えられているのは、悪玉男性ホルモンです。男性ホルモンには、男らしさを形成する「テストステロン」があります。

このテストステロンが、頭皮に存在する還元酵素(5a-リアクターゼ)の働きによって、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる悪玉男性ホルモンへと変換されてしまうのです。

この悪玉男性ホルモンの、ジヒドロテストステロン(DHT)が、脱毛を引き起こしてしまうのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量が多いかどうかは、遺伝、体質で決まっています。

 

薄毛の原因2.偏った食生活

5301b097f8a699e8fb91f98ee514816e_s

脂っこいものや、甘いものばかり食べていると、皮脂が過剰に分泌し、頭皮を流れる血流が滞ってしまいます。

髪の毛に供給されるはずの栄養素が行き届かずに、髪がやせ細り、結果的に抜け易い状態へと陥ってしまいます。

日本では、コンビニエンスストアやファーストフードなど、手軽に食べられるものが沢山あります。

忙しい現代社会、疲れてしまいコンビニなどで甘いものや、脂っこいものを食べてしまう気持ちはとても分かります。

しかし、手軽に食べられるものは、それなりに薄毛になるリスクがあるということを心に留めておきましょう。

 

薄毛の原因3.運動不足

運動不足

運動不足も薄毛につながります。運動をしないと、血行が悪くなり、髪に栄養が運ばれなくなってしまうのです。
運動不足によって肥満にも繋がります。

 

薄毛の原因4.生活習慣の乱れ(睡眠不足)

睡眠不足

夜遅くまで起きていたり、夜勤などで生活リズムが狂ってしまっても薄毛になります。自律神経が乱れてしまい、頭皮環境に悪影響が出てしまうのです。

また、頭皮環境は睡眠中に整えられ髪が成長します。睡眠が不足すると、髪はきちんと成長しないのです。最低でも6時間は睡眠をとるのがおすすめです。

 

薄毛の原因5.タバコやアルコールの過剰摂取

タバコ

タバコやアルコールでも薄毛になります。タバコにはニコチンという成分が含まれているのですが、ニコチンには血管を収縮させる働きがあるのです。

血管が収縮すると、髪に栄養が運ばれなくなり薄毛が進行します。

アルコールは過剰に摂取すると、髪の生成に必要な成分の亜鉛やビタミンを大量に消費してしまいます。

脱毛原因の、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を増加させるとも言われています。

 

薄毛の原因6.間違ったヘアケア対策

ドライヤー

髪が抜けるのが嫌で頭を洗わない、皮脂が気になって1日に何度も頭を洗う、強力な洗浄力のシャンプーを使っている、ドライヤーを長時間頭皮に当てている。

どれも間違ったヘアケアです。間違ったヘアケア対策をしていると、薄毛を促進させてしまいます。

 

薄毛の原因7.目の疲れ

目の疲れ

意外と思うかもしれませんは、目の疲れも薄毛につながります。長時間目を酷使すると、目の周りの筋肉が固まります。

筋肉が固まると血流が悪くなります。

目は頭皮の近くにあるので、頭皮にも栄養が行きづらくなってしまうのです。

デスクワークの仕事や、最近ではスマートフォンやSNSの普及で、長時間同じ画面を見続ける人が増えています。

それとともに薄毛に悩む人も増えているのです。

 

薄毛の原因8.ストレス

d8d60c6ec179dd508a7ebfa0a52b55cb_s

薄毛を発症する主な原因は、男性ホルモンの過剰分泌だと言われていますが、それ以外にも、食生活の乱れやアルコールの摂取、タバコやストレスといった要因も考えられます。

特に「ストレス」は、薄毛の大きな原因のひとつとしても有名ですが、具体的にはストレスによって自律神経が乱れる事で、血管が収縮して血流悪化を招く事が直接的な原因とされています。

ストレスによる自律神経の乱れは、全身の血管を収縮させて血流悪化を招きますが、髪の毛の土台としての役割を担う「頭皮」の血流も同時に悪化させてしまいます。

頭皮の血流が悪くなると、髪の毛への栄養供給がスムーズにいかなくなり、結果として髪の毛や、やせ細り抜け易い状態へと変わっていくというわけです。

 

薄毛の原因9.加齢

9b946db3ff8aeff0354b5e310af89187_s

年を重ねることによっても薄毛になります。若い時と比べ、年をとるとヘアサイクル(髪が生えてから抜けるまでのサイクル)は短くなってしまうのです。

60歳以降になる薄毛を老人性脱毛症と言います。加齢による薄毛は自然な現象ですので、気にしなくても問題ありません。

 

まとめ

どれか当てはまるものはありましたでしょうか?先ずは薄毛になる原因を知り、薄毛対策を行っていきましょう。

⇒薄毛対策方法のページはこちら


即効性ありのコスパ最強の育毛剤


無添加育毛剤イクオス

イクオスは業界最大級の61種類の成分が入っている人気の育毛剤です。育毛成分で有名なキャピキシルよりも効果があると言われているアルガス-2という成分が入っています。育毛剤の値段も安く1本5,980円。サプリメントとセットでも6,980円で買える、数ある育毛剤の中で一番おすすめできる育毛剤です。