薄毛に悩んでいる人必見!髪の毛の作られ方

どうもタカシです。毎日髪の毛が抜けていくのが辛いです。「髪の毛が欲しい!でも髪の毛ってどうやって作られるの?」と思っている人も多いと思います。

そこで今回は、そもそも髪の毛が作られる仕組みを紹介していこうと思います。

 

髪の毛の作られ方

髪の毛はまず、「毛根」と「毛幹」に分かれています。毛根は頭皮の中にあって、自分の目で見ることはできない部分です。

毛幹は、頭皮から出ている部分なので、見ることは可能です。

毛根の数は、母親のお腹の中にいるときに作られます。

その後数は変わりません。毛根の下の部分は丸い形になっていて、この場所を「毛球」と呼びます。

この毛球の底の方に、髪の毛が作られる「毛乳頭」があります。

毛球には、髪を成長させる「毛母細胞」がたくさん入っています。

毛母細胞は毛細血管、血液から酸素や糖質といった髪に必要な栄養素を吸収し、1日中フル稼働で細胞分裂を行っています。

毛母細胞が細胞分裂を行うことで、髪が生まれてくるのです。

また毛母細胞には、メラノサイトという色素細胞がありメラノサイトが作る色素のメラニンが髪の毛の色を決めているのです。

白髪になるのはこのメラニン色素になんらかのトラブルが発生する為です。

 

髪を守るには

それじゃあどうすれば、髪を守ることができるのか。髪の毛は血液から栄養素を吸収し作られます。ということは

①血液の循環を良くする
②栄養のあるものをたくさん摂取する

この行動につきます。血液の循環を良くするには、有酸素運動をする、睡眠時間を沢山とるなど、日常生活の改善が挙げられます。

育毛剤や育毛シャンプーを使用することでも、血行が良くなります。

「栄養のあるものをたくさん摂取する」についてですが、髪の毛はたんぱく質でできているので、先ずはたんぱく質を摂る。

しかし、たんぱく質を採っただけでは髪になりません。

次にたんぱく質を体内で髪に生成できる「亜鉛」を摂る必要があります。

うなぎやレバーに亜鉛はたくさん含まれているので摂取するとよいでしょう。

どちらも苦手という人は、亜鉛入りのサプリメントも販売されているので、意識して取ってください。

薄毛に効く人気の育毛サプリメントおすすめ比較ランキング!

2016.01.12

基本はこの2つですが、この他に、悪玉男性ホルモンが、髪の成長を妨害するなど邪魔者が入ります。

この悪玉男性ホルモンは、遺伝や加齢により体内に作れられやすくなります。

 

髪を守るなら、薄毛治療薬(プロペシア)が効果的!

この悪玉男性ホルモンの生成を阻止できるのが、薄毛治療薬(プロペシア)なのです。

プロペシアには悪玉男性ホルモンの生成を防止する成分が入っています。プロペシアはAGAクリニックで販売をしています。

なので、皆薄毛になってくるとAGAクリニックに行き、薄毛治療薬を飲むのです。

薄毛治療薬は、副作用に性欲減退などがありますが、全体の数%とごく少数です。安心して始めることができます。

たいていのAGAクリニックでは無料カウンセリングも実施しているので、一度話しだけでも聞きに行ってみてはいかがでしょうか?

評判の良い人気のAGAクリニックおすすめ比較ランキング3選!

2016.01.13


即効性ありのコスパ最強の育毛剤


無添加育毛剤イクオス

イクオスは業界最大級の61種類の成分が入っている人気の育毛剤です。育毛成分で有名なキャピキシルよりも効果があると言われているアルガス-2という成分が入っています。育毛剤の値段も安く1本5,980円。サプリメントとセットでも6,980円で買える、数ある育毛剤の中で一番おすすめできる育毛剤です。