辛いものを食べるとハゲる(薄毛になる)は本当か?

「辛いものを食べるとはげる」という俗説は昔から言われています。

「ワカメを食べると薄毛に良い」「性欲が強いとハゲる」どんだけハゲに関する都市伝説はあるんだよ!って感じですよね。

結論から言って、辛いものを食べても薄毛にはならないというのが真実です。

この俗説は、辛いものを食べると、汗が大量に出るということからきていると思います。

汗が頭皮から出て、頭皮の状態が悪くなるからはげるんだと思われています。

しかし頭皮からの汗は、しっかり洗いながせば済むことですし、そこまで気にすることはないと思います。

では辛いものと薄毛の関係を見ていきましょう。

 

辛いものとハゲ(薄毛)の関係

food30

まず辛いものというのは、世の中にたくさんあります。

カレー、キムチ、唐辛子・・・など様々です。辛いものを食べると汗が出る、ということですが、普通の辛さではそこまで汗もかかないでしょう。

そして汗が出て、頭皮の状態が悪くなるのは、相当な不衛生な生活をしていないとそうはなりません。

汗を大量にかいているにも関わらず、頭を洗わないなどしていたら薄毛になるかもしれません。

しかし、辛いものを食べたからといって、それが直接薄毛に結びつくわけではありません。

 

辛いものを食べることのメリット

辛いものを食べると、体の体温が上がり、新陳代謝が良くなります。

これで汗が出るのですが、新陳代謝が良くなるということは、血液の循環もスムーズになり、実は体や頭皮にとっても良いことなのです。

頭皮に血液が回らないと、薄毛の原因になってしまいます。それから頭皮の温度も大事になります。

温かい方が、ちゃんと血液が回っている証拠ですね。

ですので実は辛いものは頭皮、薄毛にとっては良いこともあるのです。

しかしもちろん摂取しすぎはいけません。

栄養素はバランス良く摂取するのが、髪の毛や頭皮や体にとって1番いいのです。

通常の辛いものの摂取に関しては、まったくはげや薄毛とは関係ありませんので、安心してください。

むしろ知覚神経に作用し、薄毛を改善する効果があるとも言われています。

辛いものの過剰摂取は頭皮にも悪いですが、体の方が先に影響を受けてくるでしょう。

ですので、バランスの良く食事してください。

寒い日などは頭皮への血流も悪くなりますので、辛いものも適度にとっていった方が良いかもしれません。

海藻(わかめ)は若はげや薄毛に効果がある?

2016年1月24日

若はげ薄毛に効果のある食べ物や栄養素はこれだ!

2016年1月8日

性欲が強い(オナニーする)と若はげや薄毛になりやすい!?

2016年1月8日

プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。