頭皮の皮脂を取りすぎると逆に薄毛になる

皮脂は頭皮や髪にとって大切な存在!

どうもタカシです。頭皮には、皮脂という脂の成分があります。

この皮脂が過剰に分泌されたりすると、頭皮にニキビができてしまったり、炎症を起こしたりします。

育毛サロンなどでは、「頭皮は薄毛の敵だ!」といって、頭皮を根こそぎ取ろうとしてきます(僕はやられました・・・)。

しかし、皮脂には役割がきちんとあり、皮脂を洗い流して、全て取り除いてしまうというのもいけないのです!

今回は、頭皮の皮脂と薄毛の関係を紹介していき、皮脂を取りすぎると、一体どのようなことが起こるのかということについて、紹介していきます。

 

頭皮の皮脂の役割

皮脂の成分は脂です。これが多いと、皮脂が炎症を起こしたり、ニキビになったりします。

しかし、これは皮脂がとても多い人、ということになります。

普通の人はそんなことがなく、皮脂もある程度頭皮には存在しています。

皮脂の役割としては、頭皮に潤いを与える役割、そして頭皮を保護する役割を担っています。

この2つの役割は、頭皮にとってはとえも大事なことなのです。

潤いを与えてあげないと、頭皮はカサカサになり、頭皮に住んでいる菌などの働きも悪くなってしまいます。

そうなると、頭皮が栄養を吸収しにくくなりますし、カサカサなので状態も悪くなってしまいます。

次に保護する役割ですが、頭皮にゴミなどがつくと、それを毛穴から守ってくれたり、紫外線やその他の刺激から頭皮を守ってくれます。

なので、皮脂というのもはとても大事になってきます。

しかし、頭皮の状態が悪いと、皮脂の過剰分泌などにもつながります。

また、健全な頭皮にも、皮脂は結構あるということを覚えておいてください。

 

皮脂の取りすぎが逆に皮脂を増やし薄毛に繋がる!

皮脂の役割を理解したところで、皮脂を取りすぎるとどうなるかを説明していきます。

皮脂は頭皮にとって大事なものですが、多くなれば頭皮に悪影響を及ぼします。

皮脂が多くなる原因は、脂っぽい食事の摂りすぎや、遺伝などです。

そして、その多い皮脂を取るために、何回も頭皮を洗浄して、皮脂を取りすぎたりしていると、頭皮が皮脂の分泌が足りないと勘違いし、逆に過剰に分泌してしまうのです。

ですので、皮脂を抑えようと思って皮脂を取りすぎると逆に、皮脂が増えて、頭皮環境が悪くなり、薄毛に繋がっていってしまいます。

これが皮脂を取りすぎると、薄毛に繋がる理由です。

 

アミノ酸系シャンプーを使い、皮脂の取り過ぎを防ごう!

市販のシャンプーでは、洗浄力が強いものが多く、皮脂を必要以上に取り除いてしまう恐れがあるので、肌に優しいアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

女性の薄毛に効く人気の育毛シャンプーおすすめランキング!

2016.01.13

抜け毛を防止する人気の育毛シャンプーおすすめ比較ランキング

2016.01.12


即効性ありのコスパ最強の育毛剤


無添加育毛剤イクオス

イクオスは業界最大級の61種類の成分が入っている人気の育毛剤です。育毛成分で有名なキャピキシルよりも効果があると言われているアルガス-2という成分が入っています。育毛剤の値段も安く1本5,980円。サプリメントとセットでも6,980円で買える、数ある育毛剤の中で一番おすすめできる育毛剤です。