馬油(ばーゆ)には抜け毛を防止し薄毛を改善する効果がある

馬油は、「馬のたてがみや尻尾の部分の脂肪を圧縮して作られた成分」のことです。

かなり昔から使用されており、髪の毛のつや出しなどなど使われていました。

馬油の読み方は、「バーユ」と「マーユ」2種類ありますが、「バーユ」の方が一般的みたいです。

馬のたてがみや尻尾はとてもサラサラで、かなり色は濃いです。そのため髪の毛に使われだしていました。

しかし、そんな馬油を使用している人は、薄毛になっている人が少ないということで、この馬油が薄毛改善にも注目されるようになりました。

馬油単体ではなく、今では馬油配合のシャンプーなども発売されており、人気を博しています。

この馬油には、薄毛改善に一体どのような効果があるのでしょうか。今回は、その辺を紹介していきたいと思います。

 

馬油(ばーゆ)の効果

馬油には「頭皮の血行促進」などの効果があります。薄毛になる原因として、頭皮の血行の悪さというものがあります。

頭皮にも細かい血管があり、髪の毛1本1本に毛細血管が付属しています。

ここにうまく血液が行きわたらないと、髪の毛に栄養が伝わらず、髪の毛がやせ細ったり、ハリ、コシがなくなり、最終的には抜け毛となってしまいます。

ですので馬油の効果である、血行促進というのは薄毛にとってはとても良い効果になります。

さらには、馬油には頭皮を柔らかくするという効果もあります。

頭皮が硬くなると、頭皮に負担やストレスがたまり、その影響が髪の毛に出てしまいます。

うまく発毛できなくなったり、抜け毛の原因となってしまいます。

このように馬油には、頭皮の血行促進と、頭皮を柔らかくする作用があり、薄毛改善には良い効果があると言えます。

 

馬油(ばーゆ)はシャンプーで使うのがおすすめ

馬油は、以前なら頭皮に直接塗って使用していましたが、中々直接頭皮に塗るのは抵抗がありますよね。安心してください。

今は馬油配合のシャンプー」も販売されています。

馬油配合シャンプーであれば、毎日簡単に馬油成分を頭皮や毛根に与えることができます。

 

馬油シャンプーで洗った後は、頭皮マッサージを行おう!

woman22

馬油シャンプーに加えて、頭皮マッサージを行うと良いでしょう。頭皮から馬油の成分が吸収され、より頭皮が柔らかく健康的になっていきます。

頭皮マッサージの方法としては、指の腹を使います。爪を立てたり、あまりにも強い力で行うと、髪の毛を傷めてしまって、逆に抜け毛を促進してしまい、薄毛になってしまいます。

指の腹で、耳の上あたりから、円を描くようにほぐしていきましょう。

馬油は古くから使用されている、頭皮の状態を改善させてくれるものです。副作用もなく、誰でも簡単に使用できます。馬油を使い、薄毛の改善していきましょう!

抜け毛を防止する人気の育毛シャンプーおすすめ比較ランキング4選

2016年1月12日

プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。