早めに対策!30代女性の抜け毛(薄毛)の原因と対策方法

髪の分け目が気になり始めたり、全体的に髪の毛が薄くなってきた気がしたら、それは薄毛のサインです。

女性の薄毛は男性と違い、全体的に髪の量が減ってくるのが特徴です。

女性は30代になるとホルモンバランスに変化が生じ始めますが、そのことも抜け毛の原因となります。

また、子育てや仕事のストレスもたまりやすい世代でもあります。

そんな30代女性の薄毛の原因と対策について考えていきましょう。

 

30代の女性の薄毛の原因

30代女性の抜け毛(薄毛)の主な原因はホルモンバランスの崩れです。

女性は30代になると女性ホルモンであるエストロゲンが減少し始めます。

脱毛にはジヒロテストステロンという男性ホルモンが関係していて、このジヒロテストステロンは毛根細胞にある5α還元酵素によってテストステロンから変換されます。

つまり、エストロゲンが減少し男性ホルモンであるテストステロンが増えると、発毛が抑制され、抜け毛が増えてしまうのです。

男性ホルモンが原因で生じる女性の抜け毛は、男性型脱毛症(AGA)に対し、女子男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

一方、貧血やストレス、不規則な生活も抜け毛・薄毛の原因となります。

貧血は頭皮の血行不順を引き起こし、うまく毛根の細胞に栄養が届けられなくなってしまいます。

同様に、ストレスやバランスの悪い食事も頭皮の栄養不足を引き起こし、毛根細胞の成長に影響を与えてしまいます。

また、ピルの服用にもリスクがあります。ピルは体内でエストロゲンと同じはたらきをするため、服用中は抜け毛を抑える効果もあります。

しかし、ピルをやめることでピル服用時よりエストロゲンが不足した状態になり、抜け毛が生じるリスクがあります。

 

30代女性の抜け毛(薄毛)の対策方法

30代女性に効果的な抜け毛(薄毛)の対策方法はホルモンバランスを整えることです。

そのためには女性ホルモンを活性化させることが有効です。実は女性ホルモンであるエストロゲンもテストステロンが原料となっています。

卵巣でアロマターゼという酵素がテストステロンをエストロゲンに変換しているのです。

では、男性ホルモンを抑えエストロゲンの産生を増やすにはどうしたらよいでしょう?

ウォーキングやヨガなどの有酸素運動を行うのが有効です。

骨盤の血行を良くすることで、アロマターゼ酵素を活性化させ、エストロゲンの分泌がスムーズになります。

また、有酸素運動をすることで血行が改善し、頭皮の毛根細胞へ栄養が届きやすくなります。

食事が偏っている方は、育毛サプリメントで必要な栄養成分を補いましょう。

洗髪時の頭皮のケアも、抜け毛・薄毛防止に役立ちます。

シャンプーはまずお湯でよく頭皮を洗い流してから、優しく指の腹で頭皮を揉むようにします。

シャンプーは刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。育毛効果があるシャンプーを使うのも効果的です。

それでもボリュームが足りない、分け目が気になる人は女性用育毛剤を使いながら対策をしていきましょう。

 

まとめ

30代女性で抜け毛(薄毛)を防止するには、ホルモンバランスを整え、女性ホルモンを活性化させることが大切です。

食生活を見直したり有酸素運動を取り入れたりすることで、女性ホルモンが産生されやすい身体をつくり、抜け毛(薄毛)を防止・改善していきましょう。


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。