【40代】女性の抜け毛(薄毛)の原因と対策方法

「前髪や頭頂部の頭皮が透けて見えるのが気になる」
「髪にコシがなくなって、何だか老けて見えるようになった」
「髪の薄さが気になって外出するのに抵抗を感じてしまう」

そんな悩みを持つ40代の女性が増えています。

髪の印象が見た目年齢を左右する40代。若々しい髪を取り戻して、自信を持って日々の生活を過ごしたいものです。

ここではそのための対策を一緒に考えていきましょう。

エストロゲンの減少が抜け毛(薄毛)の原因

女性は40代になると更年期になり卵巣の機能が落ち、エストロゲンの減少が急激に進みます。

女性は50歳前後で閉経を迎えますが、早い方では40代前半から閉経を迎える方もいらっしゃいます。

閉経に向けて女性ホルモンの量がどんどん減っていってしまうのが40代なのです。

女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが毛根の細胞に作用し、毛髪が生育するのを妨げてしまうのです。

これが抜け毛、薄毛につながります。

 

閉経後は毛が抜け続けるの?

閉経して女性ホルモンは減ってしまいますが、女性の閉経後の抜け毛が生じるのは一時的なものです。

女性ホルモンが急激に減ることで、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛が生じます。ピルの服用中止後に起こる抜け毛と同じようなものですね。

ですから、女性ホルモンが少ない状態で次第にホルモンバランスが安定すれば、抜け毛はある程度おさまります。

 

エストロゲン減少による抜け毛(薄毛)の対策方法

ホルモンバランスを整えることが大切です。そのためには、生活リズムを一定にし、夜はホルモン分泌が活性化する22時~2時の間に睡眠が取れていることが理想です。

また、イソフラボンを多く含む食品を摂ることで、体内のエストロゲンの量を補うことができます。

大豆製品はイソフラボンだけでなく、毛髪の主成分であるケラチンを構成するタンパク質を摂取できますのでおすすめです。

仕事や子育てなどで忙しい場合は、育毛サプリメントで補うようにしましょう。

 

対策は早めが肝心

抜け毛や薄毛対策に育毛剤を使ってみたいけれど、なんだか買うのが恥ずかしい、という方もいらっしゃるかもしれません。

抜け毛・薄毛は男性の問題と思われがちのため、少し抵抗があるのが実際だと思います。

ただ、抜け毛(薄毛)は早めの対策が有効ですので、気になった時点で対策を始めることをおすすめします。

 

頭皮に合ったシャンプーを使いましょう

育毛剤に抵抗がある方は、まずは頭皮ケアを重視したシャンプーや、育毛効果のあるシャンプーから始めてみましょう。

特にアミノ酸系の無添加シャンプーは頭皮だけでなく髪自体にもいい影響を与えますので、ヘアケアとしても有効です。

 

育毛剤は女性専用の製品を使いましょう

女性と男性ではホルモンバランスや体のメカニズムが違います。育毛剤を使いたい場合は、最適な効果を得るため、女性用の育毛剤を使用するようにしましょう。

最近ではデザインが素敵な製品も多く出ていますので、洗面台に置いていても、一見化粧水のように見えるので、育毛剤であることが目立たずにうれしいです。

無添加で肌に優しい女性専用育毛剤を使うのがオススメです。

 


まとめ

40代女性では閉経が近づくことで女性ホルモンが減少し、抜け毛が増えてしまいます。

質のよい睡眠をとり、女性ホルモンを補うイソフラボンを積極的に摂取して女性ホルモンのバランスを整えることで、抜け毛(薄毛)を防止しましょう。

抜け毛対策として育毛シャンプーや育毛剤を使う場合には、女性専用の製品を選んでくださいね。


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。