出産後に抜け毛が増える「分娩後脱毛症」の原因と対策方法

多くの女性が経験する出産は、新しい命が産まれてくる喜ばしいことではありますが、同時に女性にとって命がけと言っていいくらい、体力と気力を使い果たしてしまうものです。

この出産が終わってひと段落ついた時に、髪が抜け落ちてくる「分娩後脱毛症」と呼ばれる現象に悩まされている方は少なくありません。

 

出産後に起こる分娩後脱毛症の原因

毛髪には女性ホルモンである「エストロゲン」が大きく関与していますが、妊娠から出産まででエストロゲンの量が急激に変化しています。

妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長に合わせて子宮を拡張したり、出産後の授乳に備えるために乳腺を発達させるために、エストロゲンは非常に多く分泌されます。

それに伴って、妊娠中の毛髪も多量のエストロゲンにより元気になり、本来ならば抜け落ちていくような毛髪までもが継続して成長していくことになります。

しかし、出産後には急激にエストロゲンの分泌量が減少してしまうので、毛髪も一気に抜け落ちてしまい、これが分娩後脱毛症と呼ばれるのです。

 

分娩後脱毛症は気にしないことが大切!

では、この分娩後脱毛症にはどのように対策すれば良いのでしょう。

女性にとって髪は「命」と形容されるくらい重要なものですから、すぐにでも毛髪の量を元に戻したいと思うのは当然のことです。

しかし、同時に毛髪のことを気にしすぎてしまうと、それがストレスになってしまいます。毛髪にとって精神的ストレスはいいものではなく、毛髪のことを気にかけるあまり症状が改善されないと本末顛倒ですよね。

分娩後に一気に髪が抜け落ちてしまう現象は誰にでも起こりうることなので、あまり気にせずにいることが重要です。

大抵の場合は、出産後1年ほど経てば元どおりの毛髪の量になっていることが一般的です。

 

それでも対策したい方は

1年ほど経過すれば自然に元どおりになっていくと説明しましたが、高齢出産の場合などは例外になる可能性もあります。

また、自然治癒に任せるのにはやはり不安だ、という方もいらっしゃると思うので、ここでは簡単な対策をご紹介したいと思います。

まずは、ホルモンバランスを整えることです。先ほども申し上げましたが、エストロゲンの急激な減少で脱毛が引き起こされているので、この量を増やしてあげる努力をすれば、改善できる可能性があります。

ホルモンバランスを整えるには、体内でエストロゲンと同様の働きをしてくれる「大豆イソフラボン」を摂取するのがおすすめです。

毛髪だけでなくお肌などにも効果があるので、豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品を食生活に取り入れてみてください。

また、毛髪の栄養源となる「たんぱく質」を積極的に摂るようにすることや、毛髪にとってストレスになる「生活習慣の乱れ」を改善、育毛剤を使用することも効果的です。

 

まとめ

出産後の多くの女性を悩ませている「分娩後脱毛症」の原因と対策について、いかがでしたでしょうか?

誰にでも起こりうる現象なので、あくまでも「自然治癒」を念頭に置いた上で、今回紹介した対策を試してみてくださいね

 

それでも気になるなら専門医を受診しよう!

それでも抜け毛が多く、薄毛が気になるのでしたら、専門医を受診しましょう。

分娩後脱毛症のことでストレスが溜まってしまっては、負の循環に陥ることになってしまいます。

そのような時は、無理せずに、専門医を受診することをおすすめします。

女性に人気の薄毛治療クリニック(病院)おすすめ比較ランキング4院

2016年1月13日

プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。