AGAスキンクリニックの発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の成分や効果・副作用

テレビのCMや電車の中刷り広告で必ず見かけるAGAスキンクリニック。

CMにGACKTを起用するなど話題です。

AGAスキンクリニックは全国にあるから気軽に通院できると評判。

薬の種類やAGA治療法も多く自分にあった方法で治療を受けられます。

中でも発毛効果が高いと人気なのが発毛治療薬の「リバース(Rebirth)」。

一体どんな薬なのか気になりますよね。

そこで今回の記事では、AGAスキンクリニックで販売している薄毛治療薬「リバース(Rebirth)」の効果と副作用・値段を紹介します。

 

発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の成分や効果

男性ホルモンのテストステロンが、還元酵素の5αリダクターゼと結びついて、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)になります。

このジヒドロテストステロン(DHT)が抜け毛を促進するんですね。

さらにストレスや生活習慣の乱れなどから、血行が悪くなることで髪が成長しなくなります。

薄毛治療薬「リバース(Rebirth)」の主成分は、「フィナステリド」「ミノキシジル」です。

フィナステリドは、還元酵素の5αリダクターゼを抑制する効果があるんですね。

 

結果的にジヒドロテストステロン(DHT)が作られなくなるので、抜け毛を防ぐことができます。

ミノキシジルには、血管拡張効果があるので、髪の毛に栄養を届けやすくなります。

その結果抜け毛が減り発毛が促進されるのです。

さらに薄毛治療薬「リバース(Rebirth)」には、亜鉛、アミノ酸、ビタミンの成分も入っているから、トータルに髪のケアができるんです。

 

発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の副作用や初期脱毛について

気になるのが発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の副作用。

もちろん「リバース(Rebirth)」は薬なので副作用があります。

AGAスキンクリニックで公表されている発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の副作用は以下です。

「リバース(Rebirth)」の副作用
胸の痛み・動悸・息切れ・めまい・一時的な血圧の低下・手や足のむくみ・腹痛・睾丸痛・頻尿等と、性欲減退、多毛

個人差があるので、これ以外にも症状が出てくる可能性があります。

また「リバース(Rebirth)」を飲み始めて1~1ヶ月半の間に、抜け毛が増える初期脱毛が起こる可能性もあります。

初期脱毛は、新しい毛が生えてくるために、今生えてくる毛が抜ける症状のことです。

初期脱毛はは乱れたヘアサイクルが正常化していっている証拠なので、そこまで気にすることはありません。

ただ「リバース(Rebirth)」を飲んで、何か普段と調子がおかしいと感じたら、すぐにクリニックに連絡するようにしましょう。

 

発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の値段

発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の値段は、

・内服薬が14,000円~
・外用薬が14,000円~

です。決して安くはないですが、発毛効果は高いので本気で薄毛を治したい人におすすめです。

 

まとめ

以上がAGAスキンクリニックの発毛治療薬「リバース(Rebirth)」の成分や効果・副作用・値段です。

発毛治療薬「リバース(Rebirth)」は発毛効果は高いですが、副作用もあるのできちんと医師と相談して治療を受けられるのがおすすめです。

AGAスキンクリニックに行く前に見てほしい悪い口コミと評判・効果・費用まとめ

2016年3月29日