ジフェンヒドラミンHCIの薄毛に対する育毛効果と副作用

ジフェンヒドラミンHClはシャンプーやリンス、育毛剤によく含まれている成分です。

花粉症などのアレルギー薬や風邪薬などとして使われることもあるこの成分ですが、毛髪や頭皮に対してどういった効果があるのか、また副作用はあるのかについて今回は扱っていきます。

ジフェンヒドラミンHClの効果

先ほども申し上げた通り、ジフェンヒドラミンHClはシャンプーやリンス、育毛剤によく使用されている成分です。

ジフェンヒドラミンHClはヒスタミンと呼ばれるアレルギーの症状などを引き起こす物質の働きを抑えることにより

・アレルギー反応を緩和させる
・炎症を防ぐ

などの効果を示します。頭皮の炎症が引き起こされると、それが毛穴にまで広がって、毛髪の正常な生育に悪影響を及ぼします。

また、炎症により頭皮の血行が悪くなり、血液から酸素や栄養を受け取ることがうまく出来なくなることもあります。

加えて、かゆみから指などで刺激を与えたりする際に頭皮が傷ついてしまうことあり、その結果、抜け毛や薄毛に繋がってしまうこともあるのです。

ジフェンヒドラミンHClはそれを防ぎ、毛髪が健康に育っていくための頭皮環境を作るサポートをしてくれます。

 

ジフェンヒドラミンHClの副作用は?

気になるジフェンヒドラミンHClの副作用ですが、風邪薬やアレルギー薬として使われる際には気をつけなければならない副作用は非常に多く存在します。

しかし、シャンプーや育毛剤として使う際には、頭皮に直接塗布する使用方法になりますので、これらの副作用の心配はほとんどないと言っていいでしょう。

 

まとめ

毛髪にとっていい成分をどれだけ取り入れたとしても、その毛髪が成長していくための頭皮環境が乱れていては意味がありません。

頭皮環境を整えることは、薄毛を改善する上で非常に重要なことなので、今回ご紹介したジフェンヒドラミンHClを含む製品を試してみてはいかがでしょうか。


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。