ED(勃起不全)の種類別原因と対策方法を紹介!

ED(勃起不全)になる原因というのは人それぞれで、その人によって原因の種類というものがあります。

ED(勃起不全)の主な種類は以下の3つです。

・心因性
・器質性
・混合性

今回は、心因性・器質性・混合性と種類別にED(勃起不全)の原因と対策方法を紹介していきたいと思います。

 

ED(勃起不全)の種類別原因と対策方法

それではこれからED(勃起不全)の種類別原因と対策方法を順番に紹介していきます。

1.心因性のED(勃起不全)

心因性とは、心が原因のED(勃起不全)で、この原因がED(勃起不全)の中で最も多い原因になっています。

過去のトラウマやセックスに対する恐怖、セックスパートナーに対する感じ方、その他のさまざまなストレスから起こるEDです。

セックスに一度失敗してしまった思い出があったとすれば、いざセックスをする際に、興奮よりも「また失敗してしまうのでは・・・」などという気持ちが強くなり、勃起したくてもできなくなってしまうことがあります。

セックスパートナーに対して興奮できないなどの理由も多いです。

心因的なED(勃起不全)の解決策は、その原因を解消することが一番いいでしょう。

セックスを失敗したことがあるなら、そのことをパートナーに思い切って話してみるのもてです。

吐き出すことで心理的ストレスを和らげることができます。

パートナーが理解してくれ一緒に行動してくれるのであれば、かなり楽になります。

そしてセックスパートナーに対しての性的興奮は、刺激のあるシュチュエーションを用意することなどが有効。

自宅ではなくて場所を変えてみる、セクシーな下着をつけてもらう、コスプレをしてもらうなどしてマンネリ化を打破しましょう。

精力剤サプリメントやED治療薬を飲むことで、自分に自信を持たせる事も一つの手です。

 

2.器質性のED(勃起不全)

これは怪我や事故、薬の副作用などで起こるED(勃起不全)になります。

男性器周りの血管や神経が損傷してしまっていたり、薬の副作用で精力減退などになってしまうものです。

器質性の場合は、きちんとした専門医に相談することが大事です。

体の様態によってはED(勃起不全)薬が使用できなかったり、手術が必要な場合などもありますので、自己判断で決めないようにしましょう。

 

3.混合性のED(勃起不全)

これは上記の2つが合わさっているED(勃起不全)の症状です。

混合性ED(勃起不全)は、原因が一つではなく、複数のことが絡み合い起こります。

なんでもそうですが、原因が一つだけではないことの方が多いですね。

 

まとめ

以上がED(勃起不全)の種類です。

ED(勃起不全)は辛いですが、なってしまったら絶対に治らないと言うものではないので、原因を突き止め改善していくことが大切です。

バイアグラなどED治療薬を飲むのに抵抗がある方は、まずは精力剤サプリメントで対策することをおすすめします。

自分が該当するED(勃起不全)の原因を知り、一つずつ対策を行っていきましょう。


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。