女性に多い薄毛「びまん性脱毛症」の原因と対策方法

男性に多い薄毛ですが、近年では女性にも増えてきているのが現状です。

髪全体のボリュームが減ってきていたり、地肌が目立つ、髪が細くなったりコシがなくなっているという状態であれば「びまん性脱毛症」である可能性があります。

「びまん性脱毛症」は、男性型脱毛症の女性版とも言える症状で女性男性型脱毛症とも呼ばれています。

今回はこの女性の薄毛に多い「びまん性脱毛症」について説明していきます。

「びまん性脱毛症」は女性ホルモンの減少が原因


「びまん性脱毛症」が起こる原因としては、加齢により女性ホルモンが減ることが挙げられます。

またコラーゲンや皮脂なども減っていくことで、頭皮の潤いが保つことができなくなり頭皮が乾燥してしまうのも要因のひとつです。

女性ホルモンが活発に分泌される妊娠時にも症状が現れます。

妊娠中はホルモンバランスが変化してしまうことでヘアサイクルが一時的に乱れます。

産後に脱毛症状を起こすことありますが、ほとんどの場合は自然に治っていきます。

 

ストレスも「びまん性脱毛症」の原因になる

男性と同じようにストレスも原因になります。

ストレスがたまると自律神経が乱れてホルモンバランスも乱れてしまいます。

血管が収縮してしまうこともあり、髪に栄養を運べなくなることで髪が細くなったりコシがなくなってしまいます。

ダイエットや食生活の乱れも髪に影響を与えます。

食事制限をするようなダイエットや偏った食生活では体全体が栄養不足になり、脂質や糖質などが多い食事は血行を悪くします。

また、過度なヘアケアも頭皮の負担になります。洗浄力の強いシャンプーを使ったり、1日に何度も髪を洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまい皮膚トラブルにつながります。

男性の薄毛とは違い、部分的に薄くなるのではなく毛髪が薄くなるのが特徴です。

 

びまん性脱毛症の対策方法

びまん性脱毛症の対策は、原因を取り除けば症状が改善していきます。

ストレスは都度発散するようにし、シャンプーはなるべく低刺激なものを選ぶようにしましょう。

https://ikumouzai-ranking.info/shampoo-woman/

またパーマやカラーリングは止めるようにします。

ダイエットをする場合にも、バランスの良い食事を心がけるようにしていきましょう。

忙しくてバランスの良い食生活ができない場合は、サプリメントで補うようにしましょう。

また、適度な運動を行ったり、頭皮マッサージなどで頭皮の血行を良くすることなども有効です。

ホルモンバランスを整えるために早寝早起きなどの規則正しい生活をし、不安な場合には育毛剤を利用して頭皮のケアをすることも大事です。

先ずはできることから対策していきましょう。


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。