イクモアの成分を一つ一つ徹底解析!副作用や飲まない方が良い人を紹介

医師監修の女性用育毛サプリメントの「イクモア」。

低価格で高品質の成分が配合されているので効果が高いと評判です。

ただ具体的にどんな有効成分が配合されているのか気になりますよね。

そこでこの記事では、「イクモア」サプリの成分を一つ一つ解析して、抜け毛や薄毛にどんな効果があるのかを解説したいと思います。

 

イクモアの全成分(原材料)

まずは、イクモアの全成分(原材料)を紹介します。

「イクモア」サプリの全成分(原材料)
L-シトルリン、シナモン末、大豆抽出物(イソフラボン含有)、酵母(亜鉛含有)、ケラチン加水分解物、ヒハツエキス末、黒胡椒抽出物、L-リジン、L-アルギニン、パントテン酸Ca、澱粉、ゼラチン、微粒酸化ケイ素、リン酸三Ca、ステアリン酸Ca

他の育毛サプリメントと違って、よく分からない成分が入っていないから安心できます。

 

イクモアの効果的な有効成分は10つ

イクモアの成分の中で、特に抜け毛や薄毛に効果的な有効成分は以下の10つです。

  1. 大豆イソフラボン
  2. L-リジン
  3. L-アルギニン
  4. L-シトルリン
  5. 亜鉛
  6. パントテン酸カルシウム
  7. ケラチン
  8. ヒハツ
  9. シナモン
  10. 黒胡椒

上記の有効成分の効果を一つ一つ紹介していきます。

大豆イソフラボン

抜け毛が増える理由の一つに女性ホルモンの減少や乱れがあります。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た効果があるので、女性ホルモンのバランスを整える効果があるんですね。

女性ホルモンのバランスを整えるので、ほてりやのぼせなど更年期障害にも効果が期待できるんです。

女性の方は摂っておきたい成分。

 

L-リジン

L-リジンは、必須アミノ酸の成分の一つで、髪の成分であるタンパク質を合成する効果があります。

L-リジンを摂ることで、髪が抜けて生え変わるまでのヘアサイクルが整い強いコシの髪を育てることができます。

L-リジンは体内で作られないので、サプリメントなどで補う必要があります。

 

L-アルギニン

L-アルギニンは、アミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌や、免疫力アップ効果があります。

頭皮環境が整うことで、髪が育つのをサポートします。

 

L-シトルリン

L-シトルリンは、アミノ酸の一種で血行促進効果があります。

髪への栄養は血液で届けられるので、血行がよくなることで髪の成長に必要な栄養素が行き届きやすくなります。

 

亜鉛

亜鉛はミネラルの一種です。

髪の主成分はタンパク質のケラチンですが、亜鉛はケラチンを合成する効果があります。

亜鉛があるから髪の毛が作られるんですね。

 

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムは、ビタミンの一種です。

毛母細胞を活性化させ頭皮環境を整える効果があります。

 

ケラチン

ケラチンは、アミノ酸で構成されたタンパク質のことです。

髪の主成分でもあるので、薄毛対策には欠かせない成分の一つです。

ケラチンを摂ることで、強く太い髪を作ることができます。

 

ヒハツ

ヒハツは、コショウ化の植物のことです。

血行を促進する効果があります。

髪に栄養素を届けるのはもちろん、冷え性などにも効果的です。

 

シナモン

シナモンは、樹木の内樹皮から得られる香辛料のことです。

香りがたまらないですよね。

そんなシナモンには毛細血管拡張効果や血行促進効果があります。

ヒハツと同様巡り成分として知られている成分です。

 

黒胡椒

黒胡椒にはバイオペリンという成分が入っているんですが、バイオペリンにはアミノ酸など髪に必要な成分の吸収を促進する効果があります。

黒胡椒を摂ることで、今まで摂取した成分をより頭皮に届けやすくなります。

イクモアにはこれらの有効成分が3粒に凝縮されて配合されているんです。

だから抜け毛や薄毛に効果的なんですね^^

 

イクモアに副作用はある?

これだけ育毛に効果的な成分が入っていたら、当然気になるのが副作用。

でも安心してください。

イクモアは医師が監修していて保存料・着色料・香料は不使用だから副作用もなく安心して飲めます。

ただし中には飲まない方が良い人もいます。

それは、

  • 食品アレルギーがある方
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

上記の方はイクモアを飲まない方が安全です。

それ以外の方には安心しておすすめできます。

イクモアを飲み髪の成長に必要な栄養素を摂って、ハリやコシのある髪をしっかりと育てていきましょう!

 

イクモアプレミアムサプリは効果なし?良い評判や悪い口コミ・実際に飲んだ感想を紹介

2019年8月1日