ITエンジニアの職業の人は薄毛になりやすい

ITエンジニアは薄毛になる確率が高い!

どうもタカシです。インターネットの普及やパソコン技術の発展から、ITエンジニアという職業に就く人も多くなってきました。

しかしこのITエンジニアという職業は、薄毛につながりやすい職業ということをみなさんはご存知でしょうか?

実は僕の前職もエンジニアです。企業のインターネット回線(ネットワーク)の保守・運用をしていました。

インターネットの回線は24時間365日いつ切れるのか分からない為、土日祝日関係なく働いていました。

夜勤もあり不規則だったせいか、頭皮状態は半端なくやばかったです!(笑)自分の経験からしても、この理論は確かだと思います。

今回は、そんなITエンジニアがなぜ薄毛なりやすいのか、また他の職業はどうなのかということも含めて、詳しく説明していきたいと思います。

 

ITエンジニアが薄毛になりやすい理由

ITエンジニアというのは、基本的にパソコンに向かって仕事をしています。そうなると体のありとあらゆる部分に負担をかけてしまうのです。

これはどの職業でも同じですが、ITエンジニアは、頭皮にも負担をかけてしまう職業になっているのです。

まず頭皮から髪の毛が生えるには、ビタミンやミネラルなどの栄養素が必要になります。

しかしITエンジニアの場合は、パソコンの見過ぎで、目の疲れ(眼精疲労)が溜まります。

目の疲れ

 

目に必要な栄養素が取られてしまい、頭皮まで栄養が回ってこなくなるのです。

また、パソコンを見る姿勢は、前屈みになりやすいです。

姿勢の悪さ

 

その姿勢のまま長時間作業していると、肩こりなどの症状に見舞われていまいます。

運動不足

 

肩こりになると、頭皮までの血液の循環がうまく行かず栄養不足になりがちです。

その為薄毛につながりやすいのです。そしてあとは、残業などによる食生活や睡眠不足です。

時間がないのでコンビニ弁当で済ませてしまったり、寝不足になり成長ホルモンの分泌が出来なくなってしまうのです。

これがITエンジニアが薄毛になりやすい理由です。

 

他に薄毛になりやすい職業

ITエンジニア以外にも薄毛になりやすい職業はあります。それは警察官です。

police

警察官は、帽子をずっと被ったりしているので、頭皮の状態がよくないですし、夜勤などの時間帯の業務も多く生活が乱れがちです。

そして工場で働く人なども一緒の理由で、頭皮環境や生活リズムが乱れてしまいがちです。

薄毛というのは、生活環境や習慣にとても左右されていまいます。

ですのできっちり規則正しい生活をすることが、薄毛改善に役立ちます。

夜勤がある仕事の人は、夜勤終わりに同じ時間帯(夜勤が朝10時に終わるならお昼12時に毎回寝る)に眠るなどすると、生活リズムが整うので効果的だそうです。

どうしても生活リズムが乱れてしまう人は、育毛剤や育毛シャンプーを使い、頭皮の状態を健康に保っていきましょう!

抜け毛を防止する人気の育毛シャンプーおすすめ比較ランキング

2016.01.12

若はげ薄毛に本当に効く人気の育毛剤おすすめ比較ランキング

2016.01.12


即効性ありのコスパ最強の育毛剤


無添加育毛剤イクオス

イクオスは業界最大級の61種類の成分が入っている人気の育毛剤です。育毛成分で有名なキャピキシルよりも効果があると言われているアルガス-2という成分が入っています。育毛剤の値段も安く1本5,980円。サプリメントとセットでも6,980円で買える、数ある育毛剤の中で一番おすすめできる育毛剤です。