プランテルEXのペブプロミンαの育毛効果が凄い!副作用もあわせて紹介

育毛剤でかなり人気なのがプランテルEX。

ミノキシジルの2倍以上の効果があると言われている「リデンシル」が配合されているので、発毛効果が高いんですね。

プランテルEXはリデンシルの成分が有名ですが、実はもう一つ注目してほしい成分があります。

それが今回ご紹介する「ペブプロミンα」。

他の育毛剤には入っていない聞きなればい成分です。

今回の記事では、プランテルEXに配合されている育毛成分、ペブプロミンαの発毛効果や副作用を紹介したいと思います。

 

ペブプロミンαとは

ペブプロミンαとは、「ヒオウギ」「ビワ葉」「牡丹」の3成分が独自配合された成分のことです。

言うなれば、3つの成分が入った育毛効果の高い成分のことです。

 

ペブプロミンαは抜け毛を防止する効果が高い

抜け毛の原因は、男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合してできる、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンが引き起こします。

ペブプロミンαは、テストステロンと還元酵素の5αリダクターゼの結合を防ぐ効果があるんです。

脱毛因子のジヒドロテストステロンを作らせない働きがあるんですね。

そのためヘアサイクルが正常になり、抜け毛が減り強く太い髪を育てることができるんです。

ペブプロミンαは、「ヒオウギ」「ビワ葉」「牡丹」の3成分が配合されているので、他の育毛剤の3倍の阻害効果があります。

実はペブプロミンαはものすごい成分だったんです。

 

ペブプロミンαに副作用はある

気になるペブプロミンαの副作用ですが、「ヒオウギ」「ビワ葉」「牡丹」は低刺激の成分なので、副作用の心配はほとんどありません。

敏感肌の人でも安心して使えます。

 

ペブプロミンα配合のプランテルEXでしっかりと育毛対策をしよう

あまり知られていませんが、ペブプロミンαはものすごい成分なんです。

ペブプロミンαが配合されているのは、現時点ではプランテルEXだけです。

他の育毛剤で効果がなかった人にもかなりおすすめできますね。

ペブプロミンα配合のプランテルEXを使い、しっかりと育毛対策をしていきましょう!


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしいおすすめの育毛剤です。