薄毛対策中の人必見!AGA薬のプロペシアを飲むとED(勃起不全)になる?

男性の悩みの一つである薄毛には今や治療薬(プロペシア)ができ、さまざまな人が服用しています。

しかし、この薄毛の治療薬には副作用としてED(勃起不全)になってしまうことがあるのです。それは髪の毛の生えるメカニズなどに原因があります。

今回は、AGA薬のプロペシアを飲むとED(勃起不全)になるのか解説していきます。

 

髪の毛が生えるメカニズム

髪の毛はホルモン、血流などによって健康に保たれています。髪の毛に必要なホルモンは女性ホルモンになります。

このため女性ホルモンが多い女性は、薄毛になりにくいのです。そして血流にも髪の毛を健康にしていく作用があります。

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が血液によって頭皮まで栄養分を運ばれていくのです。

その結果頭皮が健康的な状態になり、髪の毛が生えていくという仕組みになっているのです。

そして、髪の毛が抜けていくには男性ホルモンが大きく関係してきます。男性ホルモンが髪の毛の成長を妨げてしまうのです。

男性ホルモンが多い人は、ヒゲなどが濃くて性欲が強いと言われますよね?

しかし薄毛の人も多いです。なので男性ホルモンが強い人ほ、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

 

育毛薬(プロペシア)とED(勃起不全)の関係性

上記に髪の毛を薄毛にさせるのは、男性ホルモンの影響が大きいと説明しました。

しかし、男性ホルモンというのは勃起には欠かせないものになるのです。

育毛薬(プロペシア)には、男性ホルモンを抑制する働きがあります。

その為飲み続けていると、男性ホルモンが少なくなりED(勃起不全)になりやすいのです。

薄毛治療薬は、服用するタイプと頭皮に塗るタイプの2つがあります。

服用タイプでは、頭皮だけでなく体全体に血液を通して成分が行き渡るようになるので、ED(勃起不全)になりやすくなる確率が高まってきます。

しかし、実際は育毛薬(プロペシア)を服用しているわずか数パーセントの男性でしか、ED(勃起不全)のような副作用は起きていません。

実は、ED(勃起不全)は心理的なものも大きく影響しているのです。

副作用でED(勃起不全)があるから…と思い込んでしまい、心因的なED(勃起不全)になるケースも多々あります。

先ずは心因的な不安を取り除くことが肝心です。

そうすれば、自然とED(勃起不全)は改善されていきます。

不安な方は、精力剤サプリメントを飲めば気持ち的にも安心できます。


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。