知っておきたい酢酸トコフェロールの育毛効果と副作用

酢酸トコフェロールは、化粧品に幅広く使用されている成分ですが、育毛剤などにも最近含まれるようになってきました。

この成分が毛髪にどのような影響を与えるのか、また副作用についてはどうなのかについて今回は扱っていこうと思います。

酢酸トコフェロールの育毛効果

酢酸トコフェロールはなんだか難しい名前をしていますが、「トコフェロール」とはビタミンEのことを指しています。

ビタミンEの代表的な効果として、身体を酸化から守る「抗酸化作用」が挙げられます。

酸化ストレスにより身体は老化してしまうので、ビタミンEはアンチエイジングなどでもよく用いられています。

酢酸トコフェロールもこれと同じ作用を持っているので、頭皮を酸化ストレスから守ってくれるのです。

特に、皮脂などが酸化して生じる「過酸化脂質」は不快な匂いを発し、かゆみや肌荒れ、さらには湿疹などを引き起こすこともあります。

頭皮環境の悪化は当然薄毛の原因となりますので、この症状に該当する方は酢酸トコフェロールを検討してみても良いかもしれません。

さらには、酢酸トコフェロールには末梢神経の血行を促進する作用も存在します。

頭皮の血の巡りが悪くなると、毛髪を作り出す毛包の毛母細胞にまで酸素や栄養が供給されなくなってしまいます。

そうなると、毛髪を作り出すのが難しくなってしまうので、薄毛へと繋がってしまうのです。

酢酸トコフェロールは血行を改善してくれるので、毛髪にとって十分な栄養を毛母細胞まで供給するサポートをしてくれます。

 

酢酸トコフェロールの副作用は?

気になる酢酸トコフェロールの副作用についてですが、用法・用量を守って使用すれば主だった副作用はあまり報告されていないようです。

しかしながら、口から摂取した場合の過剰摂取により中毒や胃腸のムカつきなどの症状が出るようなので、気をつけましょう。

また、頭皮に塗布する場合なども、お肌に合わない場合は、使用を避けるようにして下さい。


プラスアルファで効果を実感したいなら「ランブット」がおすすめ!



今の育毛グッズにプラスアルファでボリュームアップさせたい方は、石田純一さんも愛用している「ランブット」がおすすめです。

ランブットは週に2度塗るだけなので、今使っている育毛剤と併用が可能です。

配合成分のノニは140種類以上の成分が配合されているので、育毛効果が高いのが特徴。

今までの育毛剤で効果がなかった人にも試してほしい男女におすすめの育毛剤です。